FC2ブログ

間違っている

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

このページの記事一覧

» スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --  *  CM: --

top △

» 放射能汚染などの情報webページ 

放射能汚染についての情報サイトをまとめて
弟に送ったメールを載せてみます。
私的な文章でいろいろ口汚くて失礼いたします。

私の文章じたいは内容のないものですが
情報サイトが何かのお役に立てばと思い載せております。

ただし、原発事故による放射性物質の大量漏洩・降下という問題と
それにたいする今般の行政・マスメディアの対応は
全く許されるべきものではなく、私は非常なる怒りを感じていますので、
とくに

「少なくともチェルノブイリの強制移住レベルになっている土壌の上に
住んでいる人にまるで警告を発しない行政とメディアは
殺人者でしかない。」

という部分は声を大にして公的な発言とさせていただきます。


--------------------------------------------------------------------
きのう電話で話した、放射能汚染についての情報サイトをお伝えします。
よく参考にして、できる限り放射性物質に気をつけてください。

(1)↓の中の「全国の食品の放射能調査データ」
http://atmc.jp/

厚生労働省だかが発表している公式の数値を
そのまままとめているだけです。確か。
それでも放射能値が馬鹿高い品目があったりするから
そういう「地雷」は避けられるのではないかと。

たとえばお茶は、
一時期、数百~千ベクレル/kgでずっと高どまりしてて
全く数値が下がらなかったから、
こういうものはすごい警戒すべきだと思った。


(2)↓"Save Child"という名前の情報まとめサイト。
http://savechild.net/
土地や食品の放射能汚染情報がわりと多く載っている。
どういう組織なのか不明だけど、
テレビや新聞などのマスメディアが現在の破局的情況(←誇張じゃないよ)を
全く報じないので
こういうやや「口コミ」的なメディアを使わざるを得ないです。


(3)東大のアイソトープセンター所長の児玉龍彦氏の
衆議院厚生労働委員会での発言(youtube)。

今回の放射性物質の大量漏洩が
すくなくともこの一人の専門家の視点からは
度を超えたレベルなんだということがわかる。

「抗体(特定のタンパク質などの分子を認識してくっつく)に放射性同位元素をつけることでピンポイントの放射線治療をする」みたいな研究をやっているといっているから
(ご本人が動画の中で言っているとおり)内部被曝については相当詳しいはず。
氏の発言を聞いて
「内部被曝が確実に癌のリスクを上げる」事例が存在することがわかった。
遺伝子レベルの研究でメカニズムも含めて
(放射線が原因だと)証明されている症例がある、ということも。

あとあんま私はよく知らないけど
アイソトープセンターは放射性同位元素を研究に使うから
放射性物質の管理やら保管やら放射線量の規制やらにかかわる
現行のルールにも精通してるはず。
そういうレベルからみて、
今回の事故後の、全地域的な空間放射線値の上昇から計算される
原発からの漏洩・降下量は
完全に桁違いなのだということが感じられる。

当初テレビとかで「空間線量が通常時の~倍ですがこれは1年間浴び続けても数ミリシーベルトで、レントゲン何回分に換算でき云々」
って言ってたけど
これが完全に問題点のすり替えだったことがわかる。
要は
「全地域的に空間線量が~倍になっているってどれだけ大量の『粒』が落ちてきたんだ?」
ってこと。そして
「その『粒』はどこかに溜まるということがありうる」(実際にホットスポットが出現していますね)
「その溜まった『粒』に近づいてそれを体内に取り入れたらどうなるのか?」
ってことですね。
本当はこういう煽るような「疑念」の形ではなくて
定量的にこれだけ危険性があるって言わなきゃあんま意味がないのですが
そういう計算ができないので、この程度でご容赦(_ _;)
でも推論自体は間違ってはいないはず。
想定する規模がオーバーということはあるかもしれないが。

用心のためオーバーな規模で考えておいて
警戒してもいいのではないかと個人的には思う。
チェルノブイリでは土壌汚染が1480キロベクレル/平方メートルで強制移住だった
(http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/77b1f6c632e436b9bd3d14d5796877ee/)
というのは、一つの基準かなと思う。
(数値がどういう結果をもたらすレベルなのか、について
そのこと以外では根拠となる知識を自分が持たないから…汗)
しかしチェルノブイリの汚染地域で
子供の甲状腺癌や白血病が増えたというのははっきりしています。
(医学上の論争はなんやかやあったりするようですが…)

毎日新聞の児玉氏へのインタビュー。基本的には上の動画と同じ趣旨。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110808ddm012040044000c.html


取り急ぎ、参考まで。youtubeだけでも見てみて~
どんなにテレビが変わりのない穏やかな日常を映していようとも
数値は破局的な真実を伝えています。
破滅願望の煽りじゃないのです。
まあ結局は「粒」の濃度なので、土地によっていろいろ濃淡はあるのだろうけど
すくなくとも「濃」の方は、笑って生きていけるようなレベルじゃないと思います。

少なくともチェルノブイリの強制移住レベルになっている土壌の上に
住んでいる人にまるで警告を発しない行政とメディアは
殺人者でしかない。誰がなんと言おうとそうです。わたしゃ憤死しそうです。

なんとなく「原子炉も冷えてきてるしもう日常日常♪」みたいなイメージを流布して
安心ムードを作ろうとする政府にも、私は我慢がなりません。
ムードだけなら害はないけど
むちゃくちゃな暫定基準値を定めたりして「実害」をもたらしているわけです。
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html
行政は世間的には「信用の源」なので
その値以下なら誰も「悪いこと」をしていることにならないからね。
そういう構造がクソむかつくんですわ、私には。

睡眠不足のため愚痴っぽくなってすいません。
事故と病気と放射性物質にはくれぐれも気をつけてください(× ×;)

--------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

カテゴリ: 原発事故関連

[edit]

TB: 0  *  CM: 0

top △

コメント

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://remembermeltdown.blog.fc2.com/tb.php/7-7e4789ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。