FC2ブログ

間違っている

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

このページの記事一覧

» スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --  *  CM: --

top △

» Amazing Grace - 「あめてらすかみさま」 

イルコモンズ氏のブログの2012年3月11日の記事「365日目」
http://illcomm.exblog.jp/15546425/
より
---------------------------------------------------------------------------



▼共同通信社「東日本大震災:亡くなった方々の名簿」
http://www.47news.jp/47topics/eastjapan_quake/

 12時間違いの「追悼と祈り」。いまのこの時刻の方が願いが届くような気がする。夜が明けたら、この「祈り」を「現実」に変えるために出かけようと思う。

by illcommonz | 2012-03-11 02:46
---------------------------------------------------------------------------

直後の記事では本日3月11日の日本各地のデモの情報。
http://illcomm.exblog.jp/15551182/

驚愕した。
キリスト教学校に学んだ方ならこの驚きを共有してもらえると思うが
あの賛美歌Amazing Graceをこのように歌ってしまうとは。

Twitterで誰かが
「愛国心のリトマス紙は日の丸君が代ではなくて原発問題だ」
とツイートしていたことが思い出される。

それほど、福島第一原発事故が
この「くに」の命運について深い影響を持っている
と考えている人たちがいるということだ(わたしもその一人)。

そして今回の原発事故では放射能汚染に関して「地理」「地方」「土地」が強烈に意識された。
それは裏返せばそれぞれの「故郷」が汚されたという、
その土地の人にとって身を切られるような感覚だったはずである。

「汚された」というのは感傷の強い表現かもしれないが
要は、土地そのものが人への潜在的脅威を帯びてしまい
土地と人間との紐帯が分断されてしまったということである。
物理的には(避難などで)「人がその土地にいられなくなる」こと。
精神的には「人がその土地で常に見えないものに怯えて住まなければならなくなる」こと。
長年人とともにあってそれぞれの思い出を溜め込んでいた土地が
人が暮らす「場」ではなくただの「広がり・空間」になって
違う位相に行ってしまう。
こんな不幸なことはない。


中学生グラビアアイドルの藤波心氏が反原発デモで「ふるさと」を歌ったとき
わたしは最初それほどピンときていなかったのだが
時を追うごとに、胸を衝くような感覚を覚えるようになった。



「あめてらすかみさま」と呼びかける「かみさま」は
「広がり・空間」を統べる「神」ではなく、「場」に生きている「かみさま」だ。
ひとがいなくなった場所では「かみさま」も泣きながら出て行く。

私はPatriotになろうとしているのだろうか。
スポンサーサイト

カテゴリ: 原発事故関連

[edit]

TB: 0  *  CM: 0

top △

コメント

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://remembermeltdown.blog.fc2.com/tb.php/36-fd3ede12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。