FC2ブログ

間違っている

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

2009年10月の記事一覧

» スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --  *  CM: --

top △

» のだめカンタービレTHE MOVIE 

のだめカンタービレ(ドラマ版)にはまってしまいました。

久々の休日を、のだめドラマ(通常版)を
ネット動画でコンプリートすることに費やしてしまった…orz←廃人

そして今日知ったことには
これから映画も公開されるそうで…!


『のだめカンタービレ最終楽章』
前編(09/12/19公開) & 後編(来春公開)
http://www.nodame-movie.jp/index.html


人気も高いんですねえ。
キャラクターの魅力的な描き方・展開やコメディのテンポのよさ・クラシック曲の威力
…といったところでしょうか。


そういえば『神童』というピアノ漫画もありましたね。
高校のときに友達に貸してもらって読んだのでした。


芸術のなかでも、ある線を越えた「境地」とか"zone"というものを
物語で描くというのは
エラい大変のように思うのですが…
書き手はどうやっているのだろうか。


音大もの(のだめ)、美大もの(ハチクロ、神戸在住)、農大もの(もやしもん)、総合大もの(月下の一群)
など「~大もの」の漫画は色々ありますが(選:偏りあり)
芸術系の「才能で勝負してる感」は
地を這う虫にはあまりにまぶしくて
目がつぶれるかと思うのでした。

む、それもまた違うか…
空の上の星を眺めている感じですかね。
遠い世界の話ですからね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: 0  *  CM: 0

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。